WordPress プラグイン

WordPress2015年の厳選プラグイン10個

2017/08/26

2015年の最新のプラグインの情報を集めました。

移り変わりの激しいプラグイン。
現在いくつのプラグインがあるかご存知ですか?

なんと、35,576です(2015年1月現在)。

そしてダウンロード数は827,600,443。

その中でトップをはしるのが、Akismet。

現在はWordPressに最初から入るプラグインで必須ですね。
Akismetの設定記事はこちら

次にWordPress(日本語版)に最初から入っているプラグイン、
WP Multibyte Patch。

マルチバイト文字(日本語や中国語や韓国語)を最適化して
くれる日本語には必須のプラグインです。
プラグイン設定で有効化をしてください。

以上の2つは最初からインストール済みなので、最初に
設定してください。

WordPress厳選プラグイン10個

プラグインの名称と機能が覚えきれないのでプラグインの
右側にひとこと添えておきます。(アルファベット順)

  1. All in One SEO Pack 定番のSEO対策
  2. Auto Post Thumbnail アイキャッチ自動設定
  3. Contact Form 7 メールフォーム
  4. Head Cleaner ページ表示速度高速化
  5. Jetpack 機能が盛りだくさんのプラグイン
  6. PS Auto Sitemap サイトマップ
  7. PS Disable Auto Formatting 自動整形の切替を無効にする
  8. Quick Cache ブログの表示の高速化
  9. TinyMce Advanced ビジュアルエディターに機能追加
  10. Wordfence Security 高度なセキュリティ対策

作成されるブログによって追加が必要だったり、削除したりと
ありますが、基本はこれだけあれば大丈夫です。

ココから各記事の紹介をしていきます。

SEO対策の定番中の定番 All in One SEO Pack

All in One SEO Packは難しいと思われるSEOのMETAタグと
キーワードを入力すればHTML文書に書き加えてくれます。
METAタグとキーワードを入力してページとの関連性を伝え、
descriptionに記述をすることで検索エンジン結果の説明文を
コントロールすることが可能です。
ユーザービリティの点からも、使用が推奨されています。

詳しくはこちら

アイキャッチ自動設定 Auto Post Thumbnail

アイキャッチ画像を自動で設定してくれるプラグイン。
特徴はアイキャッチ画像を忘れたときに、記事内の画像から自動でアイキャッチ画像を設定してくれる。
設定完了後は過去の記事のアイキャッチ画像もつけてくれます。

設定は有効化して『Generate Thumbnails』をクリックするだけ。

詳しくはこちら

Contact Form 7 メールフォーム

日本人が作成して世界中で使用されているお問い合わせ
フォームです。
設定も難しい事はありません。
嬉しい事に、Akismetの設定を利用してスパムメールの
駆除もしてくれます。

 詳しくはこちら

Head Cleaner ページ表示速度高速化

WordPressページのヘッダー部を最適化してページの
読み込み速度を向上させてくれます。
特にJavaScriptやCSSに大きく効果があります。

詳しくはこちら 

Jetpack 機能が盛りだくさんのプラグイン

SNS共有や短縮URLやギャラリーまで33個のてんこもりの
プラグインです。
ココでは説明しきれませんので、別ページをご用意します。

詳しくはこちら

PS Auto Sitemap サイトマップ

利用者にサイトの案内役を果たすのがサイトマップです。
設置しやすくて見やすくてスタイルも14種類もあるのが
特徴です。
オススメのスタイルはビジネス、音譜、付箋ですね。

 詳しくはこちら

PS Disable Auto Formatting 自動整形の切替を無効にする

ビジュアルエディタとテキストエディタの切替で発生する
自動整形を無効にしてくれます。
ビジュアルエディタでの編集も可能にして、エディターの
使用向上に役立ちます。

 詳しくはこちら

Quick Cache ブログの表示の高速化

サーバーにデータベースをキャッシュをさせてることにより
表示速度の高速化を図ります。
W3 Total CacheやWP Super Cacheも有名ですが、設定が
一番簡単なQuick Cacheを使用します。

 詳しくはこちら

TinyMce Advanced ビジュアルエディターに機能追加

ビジュアルエディタに様々な機能を拡張させる事ができます。
エディターバーを4段まで追加が可能でドラッグ&ドロップに
対応しているため、初めてでも簡単に設定が可能です。

 詳しくはこちら

Wordfence Security 高度なセキュリティ対策

セキュリティ対策は必須ですが、高機能なプラグインを
選びましょう。
脆弱性スキャン、ファイアウォール、リアルタイム・
トラフィック解析、IPブロック機能を搭載しています。
日本語化されていないのが残念ですが、設定は不要なので
問題はありません。
当サイトではAntiVirusと併用していますが、問題ありません。

詳細はこちら 

-WordPress, プラグイン
-,

AGA 成長因子