WordPress プラグイン

site_inaccessibleと表示されてJetpack連携ができない

2017/08/26

パートナーの頼みでビジュアルモードとテキストモードの
切り替えにプラグインの切り分けで対応してやっと直って、
平和な時間が流れようとした時に、また『なにこれ?』

<今度は何?>

『フッター崩れてるし〜アクセス解析おかしいし〜 😯 』

<あら〜ほんとだわ> 他人事のふり

『みっともないからすぐにね〜』

<あ〜> はいはい…私がやるんですね…

フッターはJetpackの人気の投稿のページ、アクセス
解析もJetpackだから、そうか!

ビジュアルモードとテキストモードの切り替えに
プラグインの切り分けの影響だ。

もう一度設定して、WordPress.comと連携して、と…

あれ?WordPress.comと連携できない!

こんなsite_inaccessibleと表示されてるし、なんだこれ。

解決策は意外なところ。

X-SERVERでの解決策を紹介します。

XML-RPC API アクセス制限がONになっている影響

site_inaccessible1

X-SERVERのコントロールパネルでWordPressセキュリティ
設定を確認すると【ON】になっている。
これがONになっていると、国外IPアクセス制限設定に
引っかかってWordPress.comとのアクセスが制限が
かかってアクセスできなくなってしまう。

対処方法は【OFF】にすればいい。

site_inaccessible2

XML-RPC API アクセス制限が【OFF】と表示されればOK。

これでWordPress.comのアクセスも回復し、フッターの
Jetpackの人気の投稿のページ、アクセス解析も復帰して
ほっと一息。

<ほら直ったよ、あーでこーで…>

『あっそう、私に説明してもわかんないから』

文系と理系の溝は深い 🙄

-WordPress, プラグイン

AGA 成長因子