WordPress カスタマイズ

WordPressのバックアップ方法

2017/08/26

WordPressのバックアップ方法。

やり方は色々あります。
・ツールのエクスポートを使う
・FFFTPソフトを使う
・プラグインを使う
・テキストエディタなどにコピーする

大体こんな感じでしょうか。

私の場合、エクスポートかFTPソフトを使っています。
スタイルシート等を触る場合には、スタイルシートだけ
コピーして、テキストエディタに貼りつけておくと言う
方法を使っています。

そもそも、データが飛ぶって事が以前に比べると格段に
減ったので、あまり心配していません。
Xサーバーでトラブルもないですしね。

それでも、WordPressやテーマ、プラグインの更新などで
データがおかしくなる危険性はあるので、バックアップは
とっておいた方が断然いいです。

一番簡単なのは、WordPressのツールでエクスポート
(取り込み)する方法。
ソフトも何もいらないので、これが一番楽です。

「ツール」→「エクスポート」

エクスポートのページで、エクスポートする項目が選べます。
面倒なら「すべてのコンテンツ」を選んで、「エクスポート
ファイルをダウンロード」をクリック。

パソコンのダウンロードファイルにダウンロードされて
います(パソコンの設定によっては違う場所にダウンロード
される場合もあります)

↑を見ると、日付入りでファイルが作成されています。
これでOK。
万が一の為に、定期的にバックアップしておきましょう。

次は、FTPソフトを使ってのバックアップの方法です。

FTPソフトは窓の杜やVecterから入手する事が出来ます。
私はいつも窓の杜です。

窓の杜 FFFTP

窓の杜に行くと、32bitか64bitの2種類があります。
おもちのパソコンを確認して、該当する方をダウンロード
して下さい。

確認方法は「マイコンピューター」を右クリック→プロパティ。

↑の様な画面が出てきますので、その中ほどの「システムの
種類」に、そのパソコンが何bitか表示されています。

ダウンロードしたら、インストールします。
設定方法などは、Xサーバーで図入りで詳しく解説してるので、
そちらを参考になさってください。

Xサーバー FFFTPの設定

FFFTPはドラッグするだけでアップロードやダウンロード
出来るので便利です。

バックアップしたデータは、Zipなどに圧縮し、日付などを
入れて管理しておくとわかりやすいですね。
心配なら、クラウド上や外部記憶装置などに保管しておけば、
より一層安全でしょう。

FFFTPソフトはバックアップ以外にも使える非常に便利な
ソフトなので、持っていて損はありません。

古いですが、以前FFFTPの使い方を記事にしているので
参考にどうぞ。

FFFTPの使い方

また、スタイルシートやテーマの編集などでカスタマイズ
する時は、そのスタイルシートだけをコピーしてテキスト
エディタなどに貼りつけて置く方法が手軽です。

例えば「テーマ」の「テーマヘッダー」を編集する場合、
「テーマヘッダー」を全てコピーして、テキストエディタに
貼りつけておくと、失敗してもテキストエディタから
コピペすれば済むので、全体のバックアップを取るよりは
簡単です。


(↑で選択した部分をテキストエディタにコピペ)

シートにGoogleアドセンスのタグを入れる場合などは、これで
十分です。

ただし、テキストエディタはメモ帳やワードではダメです。
見た目変わっていない様に見えますが、実はメモ帳等に
貼りつけた時点で、PHPなどのプログラムファイルは
違う物に変わってしまうから。

使うならTerePadサクラエディタ等を使いましょう。

昔に比べたらトラブルは減りましたが、万が一の時に
備えて、定期的なバックアップは必ずしておきましょう。

-WordPress, カスタマイズ

AGA 成長因子