ネットビジネス

老後に備えて副業を始める元気な50代が増加中

「将来に備える」が見えてくる50代

最近、老後に備えて副業を始める50代が増えているそうです。

定年まで10年を切り、おおよその先が見えてくるし、下手するとさっさとリストラされそうなのも50代です。

年金だって65歳にならないと貰えないし、貰ってもそれで足りるか心もとない状況。

収入だって上がらないし、いい加減限界も見えた。

その割には子供の教育資金がかかるから、お金が溜まらない…

 

こんな風に、50の大台にのるとおおよその先が見えてきて、不安が具体的な形になってきます。

40代は働き盛りで昇進の可能性もありますが、50代になるとそんな可能性も激減します。

冷静に自分のポジションを眺められるので、会社に過度な期待もしません。

また、体のあちこちにガタが来るので、若い頃の様な無理も出来なくなってきます。

60歳定年なら、年金が貰えるまでの5年間をどうするか、具体的に考えなきゃいけません。

もう、何とかなるだろう、なんて言っていられないのです。

 

実はシニア世代に向いているネット副業

こんな理由から、今までの経験や趣味を生かして副業を始めよう、という人が増えています。

それもネットを使った副業です。

そんな年になって…と思うかもしれませんが、いえいえ、そんな事はありません。

今の50代はパソコンの出現に対峙した世代です。

会社にパソコンが導入された時代にリーダーだったり、若いから覚えられるだろう、と先輩に押し付けられたのが実はこの年代です。

その為、意外にもパソコンに詳しかったりします。

実際、私も会社でパソコンを持たされましたが、当時慣れない社員をサポートしていたのは、今50代になった先輩方でした、

 

むしろスマホやタブレットの普及でパソコンに疎くなった、今どきの若い人たちよりも詳しかったりします。

あと、自作パソコンが流行った時代、なんとか安くパソコンを作ろうとした人達の中には、この年代の人達がいました。

実は、侮りがたし50代!なのです。

 

また、50代になると多くの人は子育ても一段落します。

子供が大学に行った、就職したと手を離れて、その分時間に余裕が出来るのも50代ですね。

また、そこそこ収入があるので、商材等のツールも買えます。

更には、自分の経験という立派な財産があります。

仕事も一通り理解しているし、それなりの処世術も持っています。

広い視野がある上に客観的に自分を見られるので、ネットビジネスを始めてもそこそこ稼ぐ事が出来ます。

50代は、実はネットビジネスを始めるのに適している年代とも言えるのです。

 

もう私なんか年だから…なんて言うのは早すぎるのです。

むしろ今までの経験や知識を生かして始められるので、50代は有利だったりします。

 

ネット副業がシニアにお勧めな理由

体力がなくても体調が悪くても出来る

シニア世代がネット副業に向いている理由ですが…

何と言っても「体力が落ちてきている」からではないでしょうか?

ネット副業は、基本的に自宅でパソコンとネット環境が出来ます。

むしろネット環境さえ確保できれば、病院でも出来ます。

そう、ネットビジネスはネット環境さえ確保できればどこでも出来るので、体力が落ちて身体が動かなくなってからでも出来るものです。

今後を考えると、具合が悪い時でも出来るネットビジネスは強い味方になってくれる存在です。

最低限のパソコンのスキルがある

先ほども書きましたが、50代はパソコンが導入された当時、何かとパソコンの相手をさせられていた人が多いもの。

その為、最低限のパソコンスキルを持つ人が多いのです。

その為、最近の若い人たちよりもハードルが低いとも言えます。

また、この世代はパソコンを持っている人が多いものです。

その為、パソコンから買わなくてはいけない、という初期投資も不要なので、より始めやすいと言えるでしょう。

情報発信出来る経験やスキルがある

50代にもなると、仕事でも趣味でも一角の知識や経験を持つ人が少なくありません。

ネットビジネスでも王道のブログアフィリエイトなどは、自分が持っている知識や経験を発信する事で人の役に立てるという強みがあります。

この「人の役に立つ」情報があればある程、訪問者を増やす武器になります。

今は何がビジネスになるか分からない時代です。

ニーズもよりニッチに細分化されているので、こんな事が…と思う様な知識でも必要としている人には貴重なものです。

この様に、人生経験やスキルを活かせるので、50代は若い人よりも有利かもしれません。

時間やお金に余裕がある

50代は子育てを終えた人が多く、30代40代よりも時間的な余裕がある人が多いものです。

子供がまだ未成年でも、中学・高校生にもなれば親の手もかかりません。

仕事も一段落している人が多いので、若い人の様に遅くまで残業…という事も少なくなります。

また、金銭的にも多少余裕がある人が多いので、ちょっとした初期投資にもお金が出せる人も多いもの。

この余裕が副業をする余地になるのです。

 

この様に、50代は20代にはない人生経験やスキル、30代40代にはない時間的余裕がある人が多いので、実は副業を始めるのに適していると言えます。

50代になっても、人生80年以上の時代です。

まだ30年以上もあるのですから、今の仕事以外の収入源を見つけて、これを新しい生きがいにする方が、経済的にも精神的にも豊かに生きられるのです。

まだ30年も残っている。

こう考えるとまだまだ収入減は確保しておいた方が安心ですね。

 

-ネットビジネス
-

AGA 成長因子