WordPress プラグイン

リダイレクト(自動転送)してくれるプラグイン「Simple 301 Redirects」

2017/08/26

独自ドメインを取ってブログの引っ越しをしたり、記事を他のブログに移動したり…なんて時にリダイレクト(自動的に転送)してくれるのが、「Simple 301 Redirects」というプラグインです。

ただし、ただ引っ越しをすればいいという訳にはいかないのがGoogle検索。
気を付けないと、引っ越した後に同じ記事が二つ存在する事になります。
実際、それなりのアクセスがあった場合、元記事を消すのは勿体ない…と思って放置しておくと、引っ越した後も元記事を削除せずにおくと、新しい方の記事は「パクリだ」とGoogleが認識し、新しいサイトへの評価が下がってしまう事があるのです。

これでは、SEO的にもよろしくありません。

この問題を解決してくれるのが、この「Simple 301 Redirects」」なのです。

 

このプラグインはURLが変更になった場合、元のURLを自動的に新しいURLにリダイレクトしてくれます。

しかも、同じブログ内だけでなく、他のサイトやブログのURLでも指定可能。
機能的にはこの機能しかありませんが、ブログを引っ越したり、ブログの統合や再編などが簡単に出来ます。

インストールと有効化

まずは「プラグイン」→「新規追加」で「Simple 301 Redirects」を検索します。

「今すぐインストール」→「有効化」でOKです。

 

設定方法

「Simple 301 Redirects」をインストールして有効化すると、WordPressの左のバーに「301 Redirects」という項目が現れます。

ここをクリックすると、この様なページが開きます。

では、具体的に設定方法をご紹介します。

 

絶対パスと相対パスで設定

 

設定の前に、絶対パスと相対パスについて説明します。
このプラグインでURLを指定する際には絶対パスと相対パスを使うからです。

絶対パスとは、URLページをそのまま指定する事。
ある意味、目的地の住所そのものとも言えます。

相対パスとは、今いる場所から見て、どこにあるかを指します。
カーナビの様に、今いる場所から道案内して場所を教えると言えばわかりやすいでしょう。

以上を踏まえて設定をしていきます。

 

同じブログ内なら相対パスで指定

同じブログ内の場合は、わざわざドメインから記載する必要がない為、相対パスで設定して行きます。

(例)

http://www.abcde.com/old-post

↑の記事を↓に変更するとします。

http://www.abcde.com/new-post

この場合、画面には下記の様に入力します。

※左側が元のURL、右が新しいURLです。

最後に「変更を保存」をクリックして完了です。

もし相対パスの概念がわからない…という場合は、どちらにもURLをそのまま入力しても構いません。

 

ブログ外の場合は絶対パスで指定

ブログ外のサイトやブログに転送する場合は、絶対パスで指定してください。

(例)

http://www.abcde.com/old-post

↑のファイルを↓に移動するとします。

http://www.opqrs.com/new-post

この場合は画面には下記の様に入力します。

 

ディレクトリ(フォルダ)を変更した場合

ブログ内のディレクトリ(フォルダ)を変更して複数のファイルのURLを変える場合は、ワイルドカードを使うと便利です。

例えば↑の様に、記事名はそのままでその前にあるディレクトリ(フォルダ)名だけ変えたい場合は、ワイルドカードを使うとまとめて設定する事が出来ます。

この場合、下にある「Use Wildcads?」にチェックを入れてから「変更を保存」して下さい。

 

補足 Simple 301 Redirectsが利用出来ないケース

私のWordPressは全てssl化(https)しています。

その中のランディングページでSimple 301 Redirectsを利用してみましたがリダイレクトができませんでした。

理由は【SSL Insecure Content Fixer】でした。

このプラグインはこれまでの投稿記事中にhttpで始まる画像等が埋め込まれている場合、ブラウザーによってエラーが表示されたり、画像が表示されなくなったりします。この場合は、記事中や、ページに含まれる画像のリンクを全て自動でhttpsに書き換えてくれるプラグインをインストールすることで解決します。

しかし、それまでが非sslで(htttp:)で利用されていたブログならばこのプラグインをはずすわけにはいきません。

原因は同じような機能を持つプラグイン同士の干渉と思われます。
でも、解決策もございます。

 

Redirectionプラグインで解決できます

Simple 301 Redirects

Redirectionプラグインなら問題なくクリア出来ます。

まずはプラグインの追加で【Redirection】を検索してください。

インストール後にこの様に設定してください。

転送ルールに新しい転送ルールを追加します。

ソースURLに転送したいURL

ターゲットURLに転送先URL

新しい転送ルールを追加をクリックして完了です。

 

-WordPress, プラグイン

AGA 成長因子