WordPress プラグイン

メールフォームに確認画面を表示させるContact Form 7 add confirm

2017/06/22

便利で使いやすいメールフォーム「Contact Form 7」

日本人が作ったプラグインという事もあって使い勝手がよく、多くの人が使っているプラグインの一つです。

このプラグイン、確かに設置も便利で有難いのですが、確認画面がないのがちょっと…という方もいるのではないでしょうか。

実際、多くのメールフォームでは確認画面や戻って編集し直す為のボタンがついています。

そんな問題を解消してくれるのが、「Contact Form 7 add confirm」というプラグインです。

 

このプラグインは、コレ単体では動きません。
「Contact Form7」が必須です。

「Contact Form7」をインストールした上で使うプラグインなので、まずは「Contact Form7」をインストールして有効化し、ちゃんとメールが送れるかを確認してから使いましょう。

Contact Form 7 のインストールと使い方はこちら

 

 「Contact Form 7 add confirm」をインストール

まずは「プラグイン」→「新規追加」で「Contact Form 7 add confirm」を検索します。

見つかったら「今すぐインストール」→有効化します。

これでインスト-ルと有効化は完了です。

「Contact Form 7 add confirm」の設定

「Contact Form 7 add confirm」を有効化したら、WordPress管理画面の左バーの「お問い合わせ」→「コンタクトフォーム」へ移動します。

 

するとこんな画面が表示されます。

 

今回は「確認ボタン」と「戻って確認ボタン」を入れてみます。

まず、一番下の[submit "送信"]の下に一行開けてカーソルを置き①、確認ボタンをクリック②します。

 

するとこんな画面が現れます。

ラベルにお好きな文字(確認ボタンや確認などメールフォームで表示させたい文字)うを入力し、「タグを挿入」をクリック。

同じ様に「戻って編集ボタン」も追加します。
この時も同様に、「確認ボタン」の下を一行開けましょう。

すると、この様にタグが追加されます。

↑赤枠の中が今回追加した「確認ボタン」と「戻って編集ボタン」です。
表示させる文字(先ほどラベルに書いた文字)は↑の画面で直接書き変えてもいいです。

最後に「保存」をクリックして完了です。

 

実際に「Contact Form 7 」で確認してみましょう。

「Contact Form 7 add confirm」のプラグインをインストールする前はこの様に表示されていました。

↑下に送信ボタンがあるだけです。

「Contact Form 7 add confirm」をインストールして設定すると、

↑の様に「送信」ボタンが「確認画面へ」のボタンに変わっています。

 

テスト入力して「確認画面へ」へ移動すると…

「送信ボタン」の下に「戻って確認」のボタンが追加されていました。

これで完了です。

 

これで間違った内容でフォームを送信してしまう失敗も防げます。
簡単に設定できるので、「Contact Form 7 ]を使っているなら入れておきたいプラグインですね。

-WordPress, プラグイン
-,

AGA 成長因子