テクニック WordPress プラグイン

ロリポップでワードプレス対応の無料の独自SSLを検証してみた

2018/06/22

ロリポップでワードプレスの独自SSLが無料で提供されているので検証してみました。
XserverのX10プランとwp-xプランに続き3件目の検証です。

準備として契約されているロリポップにログインして手続きをしてください。
難しい手続きではありません。
3分程度で終わります。

ではこのサイトで検証を開始します。
赤枠で囲ってありますが、これがSSL化していない状態です。

ロリポップでワードプレス対応の無料の独自SSLを検証してみた

 

次にプラグインをインストールします。

SSL Insecure Content Fixer

Really Simple SSL

こちら2つをインストールします。

 

 

 

 

設定 > SSL Insecure Content Fixerに進みます。

 

 

設定は1か所、Contentをクリックします。

 

 

【変更を保存】をクリックします。

 

プラグインReally Simple SSLでリダイレクトさせる

「.htaccessファイル」を変更するのに多少の不安がある方は、httpsに転送をするプラグインを導入することで解決できます。これによって通信を強制的にhttpsのセキュアな通信にユーザーを誘導する事が可能になります。

 

 

プラグインの新規追加で「Really Simple SSL」を検索して今すぐにインストールをして下さい。

 

 

インストール後に有効化します。

 

 

【はい、SSLを有効化します。】をクリックします。

【その後にプラグインを有効化しました。】をXボタンで終了します。

 

対象ドメインが http からアクセスして https にリダイレクトされるか確認しておきましょう。

 

※注意

ご利用のテーマにより、ソーシャルボタンやスクリプト等が適切な https サイトから読み込まれていない場合がありますので、このマニュアルの方法で SSL/TLS化 が出来ないことがある事をご了承下さい。

またアフィリエイトサイトの場合も、ASP側で SSL/TLS化 されていないこともありますので、十分にご注意下さい。
この場合は通常のテキストリンクであれば http から始まっていても問題はありません。広告画像が https から読み込まれないのができないだけとなります。

 

設定完了です。

赤枠の中のURLに鍵マークが追加されました。

ロリポップでワードプレス対応の無料の独自SSLを検証してみた

 

グーグルクロームだとこのように保護された通信と表示されます。

これでロリポップの無料SSL化完了です。

-テクニック, WordPress, プラグイン
-, , ,

AGA 成長因子