WordPress プラグイン

バックアップに使うなら「UpdraftPlus」が便利

投稿日:

ワードプレスではバックアップ用のプラグインがあります。
一番よく使われているのは、「back WP up」と言うプラグインです。
これはバックアップする事を目的に作られたプラグインです。

ただ、このプラグインはバックアップだけを目的に作られたものですが、「バックアップと復元」をワンセットで簡単にしてくれるプラグインでは「UpdraftPlus」が使いやすいと好評です。

バックアップそのものが目的の「back WP up」に対し、「UpdraftPlus」は元の状態に戻す事を目的としています。

初心者には復元までセットになった後者の方が向いているかもしれません。

 

使い方も簡単です。
「プラグイン」→「新規追加」で「UpdraftPlus WordPress Backup Plugin」を検索します。

「インストール」して「有効化」します。

 

 

その後「プラグイン」へ移動し、「UpdraftPlus」の設定をクリック。

 

「今すぐバックアップ 複製/移行」をクリックしてバックアップします。

 

下記の様な画面が出るので、「今すぐバックアップ」をクリック。

 

一度バックアップした後、何か作業をして下さい。
記事の変更でもいいし、不要な記事やプラグインの削除でもいいです。

この後、もう一度バックアップします。
このプラグインは1度目のバックアップのあと、もう一度バックアップが必要です。

2回目のバックアップが終わったら、「バックアップ済み」をクリックします。
下記の画面になるので、後の方のバックアップの「復元」をクリック

 

下記の画面があらわれるので、アップロードファイル以外をクリックして「復元」をクリック。これでOKです。

これでアップデータ前の状態に戻る事が出来ます。

定期的にバックアップする事によって、いざという時も困りませんので、定期的にバックアップを行いましょう。







-WordPress, プラグイン
-, ,

Copyright© 初心者のためのWordPress School , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.